サンプル専用ページ

トモタヌキのサンプル集

inputとかを使わないCSSだけのハンバーガーメニューのサンプル

※この記事は「CSSだけのハンバーガーメニュー」のサンプル記事です。

宮沢賢治「セロ弾きのゴーシュ」

キャベジは舞台のきょろきょろ狸たちが東へなる夜中まします。けれどもどう丈夫ましるという窓ましう。

元気だでんたもでではホールの大丈夫顔の上をはにわかに上手ただし、誰まで楽長がめがけせんたず。

しすぎ何は交響に悪いましながらさっきのあとの孔弾がしゃくにさわり第二泣き声屋のおじぎへしていでな。セロはさっきもっでいで。遁は一する扉のようとちてくれです。

夜中はかっこう狸と何がしてくださいまし。顔は糸がまたにおどすて猫へ猫のようをすって町をしてたしかに糸をあけるてやろです。すっかりたしかに外でマッチを叩きたなく。

やつこんこんにとんとんをわらいて弓のすぎたまし。かっこうへかかえただ。

「ざとじぶんのが云わまし。ゴーシュ、それにゴーシュ。

ちがう。」いつもこんどのときのたった半分のままを出しますます。セロはあとをお勢から叫びてゴーシュを狸からあけからぶるぶる夕方つかれるれますところでしました。

しきりに司会いけて、するてちがうててるたて譜をそしてばにぱたっとぺん見ろたで。

「孔いる。ドレミファにかえれた。指さしなあ。

何はここがばを云いがでもさわりひまはないものたからな。」私は楽そうを出してぞ子うちにわからたりないセロの窓にやりて思い切っとたべるて来ませ。

鳥は過ぎて巻がむしっだじ。君はもうゴーシュは遅くふしなて腹はまだひどいんました。「一生の今夜の床へ。

帰ら。」

何もどうおろしたまし。いちどは顔となるて近くん。

ただ前はやっとしなくます。

何気ないマッチたとなさいてやるてねこをいろようまし金が持たてつまりなんだか楽長から日向いたまし。そうかと腹はてもう立っるましょてこわいものをはたくさんはゴーシュの嘴ないん。セロはみんなの前ござい下のところこれをきかたようにかいさき猫を猫を云って何かできのへ叩くてくださいますだ。

「ではまた毎日の下。とっ。」ありがとうとはいってはいりたかと熟してすこし金星をゃくしゃしていましたがいつまでもつづけてをさっさと入っでだいあるたたら。

「上手た。ぱっとやめてくださいまし。そののは頭の間ます気まし。

何がそのしきりにとっございのに。医者。

びっくりじゃがさがさ包み一拍はうまいことませぞ。間を手へいいてき何手がそのへん愕かっこうたり先生屋の猫までの人靴に飛びつきてっだろもっともそれの面目もすこしやっものた。

ドアゴーシュさん。さまをもどなりつけことましてよ。

眼てんをまるでめがけつづけた。いうはなっはセロというんがしばらくやったらんた。

するとぐるぐるぴたっと風車のゴムともっうはな。みんなまで何じゃ参れたゴーシュのざとじぶんのから叫ぶていつのクラリネットを知らととりようならのござい、しぜ、こうたべて行ったてねえ。ゴーシュ戻っその一つ棚たちへおまえ十枚の所に評判ではいっようないのどしは、ぼくをはまた気の毒たがな。

ところが今夜はきちもおれまで、思いば一本をはもうかぎを参れてくださいし。」それはかっこうを吸って、また棒に鳴らしので床におこったりおまえかに弾きていや食うたた。曲はその楽たセロみたいだゴーシュを弾いてこどものことをしてこどもにふんてまるで楽長ともっましまして、うちをききいただいとまし処まで来るた狸半分はいっでしままがさっきを眼では窓たちしゃくにさわりだな。

この舌うかっ音もきみか金たぞいいものを弾いぐうぐうねむってしまいました団にあらながらしまうたまし。

ゴーシュっと込みてはそこはセロのからだ糸ずに弾く困るがったかっこう扉と、かっこうはみんなのこう一時ですてはいっながら今日も顔のこどものそのボックスをあとの赤ん坊を云いたり気の手をしたり落ちし出すぎを歩いてかっきりこぼしていて来なものだ。足ぶみから中がひかるてみやにはいりと今度のくるし楽長を叫ぶたた。それはおまえばかりう。

そのこんどの病気云いたらめいめいたまし。気分も何がホールのなかへおもわず見おろしが、しばらくゴーシュへ楽譜に見ながらぶんのドレミファにいっぱいやめなまし。

では愕から先生叩かて耳へなるていったい狸みたいまし心臓を泣いの窓をわからいたしましだろ。

楽譜がついてあるては怒っ考えついでは出るいつか出るましまで思ってそして一生けん命からたべな方はおろしのへん云いないまっこらおああ大うつかしまっますた。

ゴーシュもどうかごかっこうやめとください気かはしたようを叩くていっしょもおゴーシュが弾いドレミファはがらんとふるえばしばらく面白く自分を座ったくさんがは死にかと砕けようと出たまし。

大きなっきりみんなか扉ねずみのトマトが茎としんから弾きたた。「ホーシュ何か。」猫はしたようにするたませ。

そしてひびくてセロをつれて見ば行くましんも一生まで何一日わかっでしことが思っこういう十そう小麦うた。朝飯のこどもから置くでしいましだ控室がとうに悪いそうにやれて来て間の明方をしてこすりならなら。「うありない。

思わずかっこうはみじかいたよ。」「何たて」ゴーシュがしなだろ。「おれおこんた。

置いてっ。」二代ゴーシュが帰っますまし。

専門はやめてのごうごうとに一時にこねでまい。

「みんながとりだしさんをゴーシュまで見ていとおろしず。

第一みんなへ向けゴーシュ目からすってくださいた方じゃあわせか。

こうしてこのゴーシュなどみんなのゴーシュのみんなまし。

おれだ。

悪いははいっましそれをおどかしと。前ほどは戸の顔つきをつっ込んたり諸君ですだの弾いませのこそぼくないまし。きてしまい。

直し。」

またゴーシュは狸にうるさいしと眼にしてはあきないたてぐったがってしばらくくしゃみをするようなのからだをじっとして出ましだ。「床、まだご棒がして、おゴーシュへしん。いつからシューマンのからだがしがごらん聞え。

出してやろならて。」「ばかないことを置いな。

セロのものへ。」

狸云いは来るてあの仲間のぼくさっさと叫びでながらまだ叩くたまし。「ではお病気は弾いないう。

もう。何はこつこつみみずくの仲間をわからましとなおるがっない方まし。」「俄た。

下手まし。生意気な。」眼はそのままごおしまいに出しがやぶれドレミファのくっつけでように人過ぎで押しましだてにわかにふくで合わせて飛びたた。

「すると済ましなあ。」

譜はおまえから弾いないか長椅子にセロをどなりて楽長はそれひきてだし、そして巻からせと音でかまえただ。

するとセロで一十時過ぎのゆうべのゴーシュに嵐のためへ前までしてやるたな。「それへなっと。」「トロメライ、外おじぎ。」

ねずみはあかしで押して出してつけるなでし。

「さっぱりか。トロメライというんはどんなものか。」ボーとりもみんなにけしたかするとこと風をつけてた首尾の本気のかっこうからすこし追い払っまします。

ところがもう曲のようましばに「印度のギウギウ町」というゴーシュを云っ行けたた。

では外国はいきなり一つをぜひ泣きて行くましございしいきなりからだやセロに云えましかと飛んてもちろんねどこのんをきき行くました。またどうすっかり鳥からゴーシュがばっましたてみみずくはできるましたましまし。

こどもはありがとう何もどうかいま二人の鍛冶を見えたというトマトが云いいると頭たりこどもへぱちぱち野ねずみをしたまし。それからたくさんは医者がわかっみちにはぼうでは消しましたて畑ぶっつかっゴーシュ弾でやめがここらへどうそらするとさあがっななあってように考え出し行ったた。

マッチはもうむずかしいつづけてとてもあと情ないなおる出しますで。

「夜中にわかに明方まし。いまますな。お生たてやれるてい。

ひっそりすこしも眼の耳までくわえたやが。」

「出る。

間もなくおしまいをしときた。」おいではむずかしいせてひるて来たり音をセロを来たりしだだからかっこうへ合わたらかっこうこそどううかっ仕上げのどしる。

あわてだろは舞台はどうぞ眼のようにもうじつは象から考えたまし。

ゴーシュはまだどうぞ落ちていましまして、「なあんだそれがまげてやりなあ」とひらいてまるですったた。ではすきはどうも云いて「パン、こんだのの病気は何だかとりてたな。」とどなりたた。

野ねずみしはするとぐるぐるはじめたたてむずかしい窓にねずみ楽長を二時立っながらセロへやっ何をベロリで一位して「そう戸棚。灰でおいしいはねあがっうの。実を歌ってごらん。」

ゴーシュも楽長へ叩くですようでうたいたうるさい音楽が狸としだう。

「もああ、ちょっとおこっましなあ。」砂糖倒れるも思うでしばらく活動にむりへゴーシュが考えとたかっこうの意気地になりたた。こら先生もセロやめたのみんなの療で首のようにつぶっから扉の人を云いから月をいちばんくってはどんとというちょっと弾くてやってぼうっと弾きてはするするまた仕上げてまわってとてもしゃくにさわってもいっぱいあけ手にほてらましとわらいたたい。

ねずみはなかなか切なそうと見と行きたでと「いろとくれかい。よし弾いなな。猫。」

音楽つりあげも頭でそろえて手が勢のように勢のうちをうたいていんでおどかしでもう少し込みました。すると、じつはおねがい出ますとかいうようとそう云わたた。

外の怒りはホールがまだ明るくドレミファのけちに云いて走って出しましまし。それからセロにいよいよのたばこ音をふみ出しましない。

六一枚はさっぱりひい一本は弾く二毛はおどかしては孔はまたいえたですたます。

ではぱっと一日たかも急いた飛んが行くかも弾いでしまっなあんだまっはいいっがっですとあなたか楽長に出ありと参れんから走っだ。「ぶん、まもなく云ったんか。」

かっこうを弾きですてすこしうちのセロでぽねずみんとゴーシュへ出るて足の外わらわの手をやめてやろだまし。ばかにさわりたんをつかれてわたしもセロですでし。

「水じゃなっなど。やつの額でし。」

顔を笑ったです。「ゴーシュが叫びんわけた。」気分セロはにげてやっだまし。

音楽はもって「自分ましと。みんなのゴーシュも、楽長、音ととけばかりまでたらか。」

すると猫におセロ俄に「さあ、何たことう。それから悪いましとよ。」

と来なまし。「手早くんか。

みんながいことはいつかしんにすばやくかもない、ないようもみんなには黒いまでますか。」「そして何をよくんで。いや係りとなかなかいいのと顔にこう円くんへからもちがうてしまいがももう云いたた。」

「すわりうかい。」「またそこでも置いたのた。そこ者のなかあたい頭たり一三きかて二十みんなころがっことた。」

「愉快だの。そんなに見るはじめたおれはみんなの係りがしませてはいいますはましか。」

「ところがおれも棚に楽がかついましんた。」

「音楽はくそはわらいか。」「ああ、銀が出いまをもう一日急いことどし。」

「ホールもくそも思うか。」「外国まるでかっこうを参れている。きみは下げてちがうたて。」

「嬉しよ。

はい二なあのじゃついといてとまっないうまく知らのましぞ。」小節は窓を走っでホールとねずみにしが窓と出るました。けれどもかっこうはあわてて顔がやっとわらいたな。

「とりまし、ぶっつかっう。

このものたますのます。」

「明るくなあ。こうしてみんななってごらん。」

「どんどんたぞ。」

巻は先生より取り上げから叩くて思わずあるてを「糸」と東出すますまし。「ぼく療。これからゴーシュなあ。

おれ汁でも、また嘴は第五塩は粗末たんたかい。」「何も出な。」

「いきなりひいんなら。」「ないものは何へこんどまぜたのからやっんない。」

「またこうでん。」あと食うはすると狸をふみて、ゴム失敗遠慮おじぎ汗とわからて弾きたまし。

では狸はこうしが前がなんどあんまおねがい風車と出と叩くだまし。どこもどうして一生けん命をなへ参っがみんなまでこそちがいんまし。医者はどうしても顔をうるさい歩いて「はい、丈夫が落ちるますか。」

と出てひびくたまし。

ではセロも変そうに額を云いてまたまったくいそがしいてしまいますますでもちろん「楽長ほっと悪いかっこうくれぼんやり」と帰るが膨らんたた。ねこがどうもけりてやっで、「さあのき、ごうごうと扉へ結んまし叫び」とくらべました。「そうつけたこんどちがいて出し。

ぼくことは青いようたとりんあげのまし。」「ぼくですて、ぼくのすわり君で弾く行っ気まししか面白いのうなあ。

変えだか。」「しばらくかちょっとどんと何ぺんせいせいませ。

ちょっとか。」キャベジは中をみんななあんはあんなにすましましで。「するとわたしなかですね。」

ゴーシュは窓が教えたな。首も「死ん」と半分かっかをぶっつかって「そしてずいぶん重おじぎいなく。」

と叩くてまた眼練習でいけでた。

「生意気に飛びたち行っな。」代りはへから先生ひきて走っ出しませです。

また次はまたまるで川になって「血活動ねずみ」とねずみをしてどんと前見ましん。小節は夜も外嘴はいるていなかをどうもぱちぱち何も金星の方より楽長の野鼠からしてくるかなとあるくことに待っていでた。ぱたっと叫びてこすりかもなんどののにないようたら方にへんじのましない。

「すみそのいいかげんでものいてまわっましぼくは猫を云いて行きのまでだか。」と狸もしばらくしっかりにかっこうをつけるですまし。

ところが狸もうたと下がはじめせますようにじつはとあけてこれからいきなりいまのように「トォテテテテテイおじぎあんまひどいびっくりつづけ病気しまい」と鳴っばとっました。すると明るくそうに狸に考えと「いきなりしめだんましか。

みんなたちます大きな音楽重誰でも兎から音楽をぶっつけじゃも砕けどころたなあ。」

と遅れるたまし。

「誰を元気う。そのいやたかっこがあれまでかかえてはじめれか。やっと弾きで行く。

くっ。一生けん命へしんでもだか。」棚はうちがこすりでした。

みみずくのええを何だかセロ落ちにならてそれからばかだ馬車に音へしっかり弾いでやろます。

「ではお北の方さんをしなどよろよろ。

こつこつ十位。

どうましながら。」血はすると眼に思えたまし。

「ひかるやろ。俄を弾きと。このご北の方たち。

出て帰っですをころがっから頭を思っながらくださらな。」

かっこうはごくごくはんからはいったた。そして窓も時々アンコール鳴っなようにどう塩へなりてなりないでし。

また口を悪いドレミファでなっててとりて壁をしました。

「う、セロをお父さんですねえ。」

子もして行かてゴーシュがきっますとしたたど前その譜はまるでこれだけよししゴーシュをはわかっでしですましまし。

実をゆうべの火花がどうかちらちらつけていうちをするとかっこうを向いと云いと頭がもっました。云っておしまいのあとおもわずすこし狸を叩きでくださいな。「今出ときがしてはじめてるまし。」

つぶにさっさと六寸でもセロを続けたとき、楽長もしてこっちがそれじゃ一番はというようにしいんと野鼠の晩のゴーシュの何だがつかまえば、続けですところのかっこうを取り上げでし一つをもう出たない。

そんなに近くはさっきをひどい野ねずみが変えと手も工合をすう所どうかっこうは食うたましますまし。ありてマッチにせてつづけないとかっこうをおばあさんが見たなあんまりこどもはトマトを出ながらくわえ座っだまし。

ではするとかっこうをしそうを置いのまし。ぐったがってしばらくくしゃみをするようなはなるべく糸をやろて月にありとしでまし。

硝子は六十日みじかいトォテテテテテイ入っがいゴーシュはゴーシュのなか手から考えでしょです。小さなまるでいけませかっこうのベロリをかっこうをゴーシュのように鳥をとっますた。するとぞろぞろこれじゃはみんなじゃはいきなりにぶっつけから来てにわかにしたむしってきましな。

大物もどう出たように口がしてまわっないたて、時々おろしようと足のあかりとぶっつかって起きあがってくださいたた。

水の耳もかっこうはあたりすぎほど楽長からなおしてわらいれて扉がすっかりなりていなかって、それで下のきちんとにげのを弾いまし。一生けん命もおまえで叫んては東のこどものようにたくさんにどなりつけて急いていましとついて行きてゴーシュを待ったままくって叫びないて、パンでいきなりおろしてねずみのいっしょの譜をつっ込んていましまし。ねずみはこれにこのょってじぶんのを思わずはげしく弾きてしともっと駒にちがいて、「はい、ボックス、何も狸会という気が弾くてい置い。」

ととっましだ。また鳥のゆうべは病気まげたからだをあけてどんなにゴーシュを怒っうときもう呑みませというようと音でどうしても笑いけれども行っならないと、また弾きば「狸弾というそれ上げまし。」と見えたた。

ゴーシュはこのホールを云いてまた云っそうとしましたから、これから俄にまるくゴーシュにひくながら、「またすっている。猫たちという気もね。私のようまし狸からよ、床たり狩っと睡って無理と云いてそこさまを急いようにやっましもんだ。」

としたた。また裏のねどこもすると曲そうに「それから何のゴーシュをなあ、ゴーシュ君もしばらくわから汁をひどくますししととっといろたべ。」と弾けただ。

すると足はいつも答えやっとやるましな。「どこでしとしれたものだら。

それはむずかしいことなんかましか。

何に考えなおりたね。」子の療は愉快にセロにいうたように糸今夜に弾けだない。

「ぼくはクラリネットのゴーシュたの。楽長が入れので行くていとしれず方ます。」「何をはうちに早くなどますか。」

「ありがとう、何」小太鼓の顔は習えなかをトマトあけへ六日もっだます。

「それからさっぱりたべことなく。」「するとね、『いやでし象ども』へやっがいる。」

「それで大丈夫ないセロらというリボンか。」「さあこの音たなあ。」しんの舞台もまげ中からそう三本のつぶが出いございだ。

血は子というしいだます。「みたい、生意気ます東ましの。

う、ありがとうおろしな。そこは夜中でなっのか。」猫は栗の扉にそうはじめ気かとなってよろよろそれをいるでぶっつかっいたまし。

それにあかしの舌も日へふってねこの呆気のゴーシュのなかにコップへあけるてとうとうつけいませた。

何へすこしいいて考えついてっところをさきも何しかないぞと入ったらない。勢でもしんで来のにこどものゴーシュはどうゴーシュのぱっとありましでし。それからさっさと弾きたってようにあっなませ。

「ゴーシュさんはちいさな三ぺんの金をちがわ所はちがいたからなっな。

時々それをやれるようよりしよ。」

セロはよろよろ云いませまし。

そんなにどんな子もまるでむずかしい呆れてもたったしてにたたて舞台がつぶったようたものをへんにしからしまいですのでう。「それから、すぐまできなら。

そのゴーシュも遅くのたべ。」

と譜はうかっそうに出しますじ。するとセロも勝手そうがぶっつかってではもう少し叫びてしまっましうて「やつの手早くもんでたねえ。するとぱちぱち二位してくださいでしか。」

「物凄いとはまげぞ。」

血は見たた。みみずくの頭はたくさんのようにちゃんと思いてぱっとバケツが云いがさまを顔をみつめようをのきましです。

するとゴーシュだけちがいございっきりは夕方はそして処と金星へよかっ済むてくださいだまし。

「う今が歩いたべ。すっかりこら。」猫の金は大トロメライしでゴーシュたりセロ泣いをはいっなかをすっていっしょ火花から狸楽長おしまいひるっと考えておかげからありてくださいていました。

楽屋はあんばいちがいのでしばらくわくを聞いですぶんを見るてきおっかさんが弾いていましましのに、孔が飛びたちば行っでもむしって愉快に曲げいるたと困るてどなりをつぶっましだ。交響の耳もおっかさんもどんとかっこうにやって前今夜こんこん云いてかっこうに結んたときまだ云って来でしょてそれからわたしか小太鼓へぴたっととしのになっない。

これはごくごく弾きかはせだかの子でたて元来のんんて畑はどう走りて「お行く。」とはじめますだ。

また床のゴーシュまへとっていたいんは一枚の弓ました。それからまっ楽長こんな猫からこめてにわかにと感情の半分に座って行っました。ちいさなではセロの口来ましとうとうし大まわり虫はすっかりあけよじた。

すると羽はみんなへなおししだたとかいうように司会して顔つきの今が飛んけれども、いいいっしょの楽長が一顔前というまるできちをわからてとるたな。「弓、あんな気分に失敗をすばやくて仕上げそうたますましてセロまっあたりを知って行っていた。」「それを赤だけ見のか。」

音はなるべくそんなにくれよてなったまし。

では子の頭はゴーシュへなおるがりんしでやったでてまだおどすましようとすっでします。「頭、みんなは楽屋ましました、ゴーシュも半分まだだめにどこのまねが考えが曲を睡っますも歩いただか。」

「おれのことたいか弾きましな。」「それから楽長音のあとに、ゴーシュさまのすきもするただて天井さんのみみずくはすましですたてこの頭のゴーシュばかりしていたてこのゴーシュばかりご手からひきたとはしばらく黒いんたいました。」「そんなに、何はそこかのセロちがいましね。

それは仲間のきょろきょろかっこう置くてしまったのはいいとな。まるで手の音は交響曲見るてみみずくの病気を出しててですてなあ。

は孔。」ガラスは思うてそのねずみ畑へすうと出たな。

では雲の戸棚も飛んしまいてくれたまし。

「おいあんな肩はもう司会をくらべたぶるぶる面白来がよかっまし。

一生けん命でもいつぺんやっとあけて沢山をしならて、拍手にして怒りをぱっと音が云いてよし水もおもわず遠慮出してもとるているましじゃ。何というのしたねずみましん。」ゴーシュは身動き弾きてまぜたた。

「何たて、おまえがゴーシュへして遁たり楽譜の遠慮にいって。こういうんう。

ここは。」ゴーシュは子を気をいういけ思っだない。

「さあ、こっちののはかっかがしておまえ猫のごかっこうの赤ん坊をはすんと屋根裏あわてんたたまし。」「いや足た気か。」

「こら。をまし所間もなく火花の小麦のどうしてみつめがご糸悪い床をまた硝子ですことも弾いが下が来てでホールませものは済ましでしょ。」

「そら思わずか。おれの三つのトロメライでおうごはい弾きて、それへ話のゆうべに見てそれ汁のかっこうよりめくりというふりか。ありがたい。

しですな。ありのでいまし。」控室はまたふくたり公会堂から押し出してみんなをまたの口のぶんを構えて位の顔にたばこがきていないだ。

「これもセロを弾き出しない。それの扉からはどうなかって。」

壁のゴーシュはあんばい屋のようでこわて楽隊が云いましだ。「それさんは通りかぞ。」気持ち出しも窓のしずかへ気のぶんに弾く云えましとかったたてかっこうを前は出たましないた。

かっこうはすっかり叫びてこどもの首が入れたます。「あなたそれはわるくぞ。どなりところもうしように晩をやめでさっさと鳴っますな。」

「嬉し。ひどくなっまし。」

晩の扉はどうか首のようたどういう狸を外の鼻をきちありですまし。「生意気さ。

ではけちしぞとしのた。」

狸は大物の怒りを小太鼓が砕けと何にゴーシュを叩くてまげて床下というんにごうまったてなんかをあの云いましまし。たとえば扉の扉ももっとかっこうそうにその火花のゴーシュがいっでやりましますてもうあているたいただけましふうた「ぼろぼろ口た。一寸進みがやろてっ。」

とあいたまし。

「ありがとう、これに面白くのか。」かっこうはかぶれがすぎて眼の所をむのくらいしかないのでに啼くて怒るがくださいましたまた眼の人で見てしまいましな。

ばかは、なるてなんが云いがいだた。やれるてにわかにセロにいろがもうたしかに云うていだませ。

「こうたたな。うまいよ。なかは。」

ゴーシュのセロはもう飛びもしたてしばらくまだひとりへしだときどうかまるで弾きているなたてまるでいじめて思っいた。「ありがとうじつは弾きましのなく。

ああでした。さあました。」先生の下はねどこへ云いてくださいたますて、ぐっすりセロの一生けん命をありてじっとマッチをなるて「うましたうだた」と何ばかり叩くたです。

だいもみんなでゴーシュ見そうがいただけて「さあ、これらは眼もありものか。」とあれますた。

それからゴーシュは遠慮弾いですようにかっこう目からまえしてに「とりだし、かっきりお床下というふりはゴーシュのセロをしだり見とほてらて行かだのへしセロ教えてやっていい気でししばらくでたうて、そうましたては何たちもごセロの眼をばかりすぎた方はでしですなと、どうもおまえぺん作曲をつづけてぶるぶるみんなへ入れを扉なおるたまし。」

となっですです。

「けれども、そのんましもないんまし。すると鳴っことかと見んのです。ございも云いのたわ。

なかなかなっぜ。

大きなゴーシュへうるさい外を立ってかい。」丁稚は代りに猫へのんて町が先生が三ぴきさわりと赤の前にしたた。

眼はまるでもう眼のようと押しからどなりつけたりひびくや演奏がとりやしてを曲まししばらくに君をなって力をゴーシュからせてお父さんで居りてくださいましまし。「さあああ。

屋根裏をおねがい弾いんもまた考えねえ。」手はかっこうをしばらく笑いてそう音。それから二番目手のゴーシュますた。

シューマン扉みちの両手らは野ねずみの日の靴のホールが教えぐうぐうねむってしまいましたへおまえがらんと狸をするられるて棚火事で押して、どうして子の狸にしからいでしで。とんとん永く第十処からつまずくましものた。

むしがも運搬のドレミファからまたパンのようへ云いちゃきた。セロはみみずくを猫に困って挨拶ましばらくでも面白においてようにまるでみんなの手が吹き出いてきたでしで、じつにもううるさいさへすっかりましんたう。おれは一つに弾きて狸を考えたり音楽を間に入っと過ぎますた。

音楽はいきなりやっとおいでを踏んて出します。粗末ませはどしまげてきみから青く黙れてまるでなきようござい舞台に云いれましようた人をけしだない。この遅く目が一つがわらいたかっか団をするから行っますない。

「かっこうへなっがしまったと、おまえかいいんだはやめのでいるているたましか。」

それからゴーシュにこつこつとまって困るたない。「聞いないでよ。あんな一疋の晩からぼくからひるたって何のふしをするようへはたべるのたましふした。」

「すると顔つきさまよろこんてじつにかっこうはいるではじめ。」

「だめた。ありがとう、ホーシュさま、みんなか出してちがいていて出し。」「何がたか。」

楽譜は楽屋につれれました。「私で、みんなない。」

勢のはじめの血でぴたりゴーシュをしてしだな。

「ああ弾いていあかり。」

楽譜から済ましたた。

おれは額を塩を寄りにのんれて気をちてしばらくゴーシュと譜から叩きてくれたで。鼠にそのさきからけりまし砂糖になっながらそのままししいて先生を聞えるて何はありがとう帰らというように六ぺん恐いわくにしなござい。

おいとわらいたんも見ろようましまし。「ぼくでも穴をめいめいをとけのた。まるでちがいてしまい。

印度のゴーシュ眼がやめていて。」扉はもうつぶって気分のゴーシュへしないた。

またあのたばこのなりだっきりのようににわかに考えでしばかのようためいめいをからだ粉を落ちでた。そして丁稚もまるで出て今夜いっば出しまし。愕はすぐ云いましまし。

ゴーシュで黒いられてちらちらかっこうにちがいまし限りはくわえたまし。たばこに療にあなたなんもなるでなかはどなりうまし。

楽長を組んて愕はどんとみんなのんだってはしも運びたどんなにこの聴衆のようによし火花がいろてかっこうを子ども見なまし。つまり口がは棒たくさんねこを何眼へまでだしましゴーシュのようにゴムがじつにあけるといきなりになんとしまうた。口もし水車ましと尖ってわたしのとんとんがかくまげくださいて来て眼のかっこうをしばらくに胸を弾きてかっこうにむしっど立っでした。

ではこれへ五時をすきでそれにして楽長をついたたてよし生意気たべつに走ってくださいようないも引きずっましでまします。

「こんやは生意気た呆気たぞ。」ばかこそ待っでです。つまり子も弾いてぶっつかったで。

「ホーシュさん、ないましなあお。

あんな子ましてみんなをはそれかしいっしょを降りてなっったよ。一日か何枚の扉をいきなり出たな。

一ぺん今夜としゃくにさわりたこつこつ手だり孔まし。鳴っなっとするばどこまで鳴らしないことまでましか、おれ。」かっこうもこれ弾き出していちゃ「よくましよ」と顔を引きさいでしない。

「では、にますてだめましてそのことはこっね。

上手のゴーシュます弾いばってなあ。」

コップをかっこうをきれでてるませまし。このガラスひどく代りは子の中にしがいですです。

またけれども箱がちらちらなったたら。では赤からついて行きて前金星へながめているたと聞きつけた今のはあへしから「ああうち。そのところはふりまわしですますわ。

ここも指さしましものでもましで気です。」といいなござい。

元のページにもどる